通信制高校でかかる学費を細かく知っておこう

通信制高校では生徒ごとに学費が少しずつ異なります。これは修得する単位の数の違いや参加するスクーリングにかかるお金が変わるからです。そのため、通信制高校では年間にかかるお金にも、生徒で違いがあるものとして考えるそうです。


通信制高校でかかる大まかなお金

通信制高校で最も学費の目安になるものが単位の価格です。履修申し込みに対してかかるものなので、単位修得数とは別に考えられます。申し込みを行った段階でかかるお金と考えましょう。全日制高校でいう、授業料が教科ごとにかかっているという認識が、一番考えやすいかもしれません。私立の場合、この価格は非常に大きな幅があります。倍近い違いになるケースもあるので、1単位の価格というのは最初に注目したいお金です。


集中スクーリングなどにかかる費用がどうなっているか確認を

授業料が安いという場合には、校外学習や参加する必要のある集中スクーリングなどの宿泊学校の費用が含まれているかを確認しましょう。このようなスクーリングも、原則として生徒は参加するイベントとなっているのですが、生徒が参加するスクーリングを含めて選ぶというスタンスの通信制高校では、別途、参加時に支払うことも多いそうです。

Posted in 通信制高校 学費. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.