通信制高校に通うのなら自分と他人を比べるのをやめる

通信制高校に通っている劣等感に苛まれることがあります。
自分はこんなことしかできないのに。あいつはあんな神学校に通って、そのあともきっと良い大学に行くんだろうな…。
そんな自分と誰かを比べてしまうのを止められない人も多いでしょう。普通の全日制高校に通っていて当たり前みたいな空気が蔓延している世の中。
こんな中で暮らし居て、通信制高校に通っていては、あっちの芝の方が青く見えてしまうこともあるでしょう。今いる場所がとてもダメなところに感じてしまうこともあるはずです。
でも本当にそうでしょうか。
あなたは今不幸で仕方ないですか? 勝手に、相対的に自分が不幸だと思い込んでいるのではないでしょうか。自分のことを正しく判断しておきましょう。
自分を不幸にしてしまっているのは他ならない自分自身。つまり自分を幸せにしてあげられるのもまた自分です。


【通信制高校に通って有意義な経験を得る】

通信制高校は全日制高校よりも学費が大分安い場合が多いです。
しかも時間もとても多くの時間が手に入る。この時間を労働にあてるだけで本来得られなかった賃金を得ることもできます。
そのお金を将来の役に立てることができたのならそれは通信制高校に通っていたからこそ得られるメリットです。
他にも私立の通信制高校なら専門分野の講師を呼んで専門的な授業を受けることができます。
これもまた全日制高校に通っている生徒と差をつけることの助けになります。


【あなたのその景色を見られるのはあなただけ】

あなたの人生を生きているのは他ならないあなた自身。通信制高校に通っている自分自身を生きていましょう。
ここで得られるものを自分の糧にできるのもあなた自身の気持ち次第です。
他人より自分が劣っていると感じているあなた。そう思っているのはもしかしたらあなただけかもしれません。

Posted in 通信制高校 学費. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.